黒と白のあいだの

多様性社会で日々生活していく上での彼是をつらつらと書き連ねる

日々思うこと

【SDGs】サスティナブルな取り組み〜個人ではじめる導入編〜

SDGs。このワードがテレビ等のメディアで発せられない日はほぼ無いであろうこの頃。 目指すべきゴールやら目的の概要は知っている人も増えてきている筈。 ただ、個人単位で何ができるか?だとか、大勢で行動を起こさねば意味がないのでは?という疑問を持っ…

勤労への感謝、それ以上にご自愛を。

来週水曜日、11月23日(水)は、勤労感謝の日。 何某かの労働ができること、もとい、世の中の職務に日々従事しているすべての人々への謝意を表する気持ちを今一度意識的に持ちたいと思う。 (職業等の諸事情に因るけれど)斯くの如き祝日にも労働を要する人々が…

生きやすさの解 ≒ 競争から逸脱してみること

マイペースで進めれば良い。この時代だからこそ、そう、思う。 焦燥、羨望、嫉妬、猜疑心。其れ等の感情が快方へ導いてくれることは、極稀だから。 ここ最近の私生活での行動で裏目にでるケースが多く、此方は善意でやってるのになぜそうなる?などと苛立ち…

【サツマイモの日】旬の美味しいものを食すこと。

表題の記念日として制定された由来は参考までにのちに記述するけれど、兎にも角にも視覚から入って美味そう。 芋羊羹、焼き芋、スイートポテト…。サツマイモを使った甘味を列挙しようとするだけでも甘い物食べたい欲求を増幅させるには十分過ぎる。 国産の食…

生きるために、必要な無駄を愛すること。

"時は金なり。" 此の諺は真理なのだろうし、反論の余地も殆どないものと思う。 けれども、無駄な時間の一切が散財に値する訳でもないってことも併せて信じておる次第。 一見すると価値が乏しい行動や消費でさえ、その人の心に齎すものが大きければ、"無駄だ"…

解釈と視点を変えてゆくキッカケ

明日10月10日は、一年を通して最も記念日が多い日だそう。 本来の祝日である体育の日を除いても、語呂合わせの意味も兼ねて10月10日は汎用性が高いのでしょうなと腑に落ちました。 そんでもって、その前日である本日10月9日も、日本国内では語呂合わせで以下…

【HSPさん】あるある?美容院で気力使うことへの個人的対策

ファッションやコスメなど、美容に関するものは好き。興味関心もあり美意識も割合高めに保っていたい。 だけれどその一方で、美容院に行ったあとは気力を使い切ってしまう。そんな人も存外多いハズ。 なにゆえだろうか?当方が学生時代から長年感じてきたこ…

戦争反対!暴力だけでは変えられないもの。

今朝方衝撃的なニュースを拝見した。昨今のロシアのウクライナ侵攻も一刻も早い解決を願う次第ではあるけれど、北朝鮮によりミサイルが発射され、日本列島上空を越え太平洋へ落下したとのこと。 ここ一ヶ月程度のEEZ外への威嚇射撃の類から本格的な警告のつ…

【値上げ対策】日々の買い物に如何にして向き合うか?

値上げ。円安やらロシアのウクライナ侵攻やら諸般の事由を加味すればやむなしだけど、えげつなさを感じるのは禁じ得ない。 一部の大富豪やら"上級国民"の御歴々なら歯牙にもかけないんだろけど、平民には益々キツくなるので目を背けて生きていたい(できない…

"最近どう?" など聞かれると、、

"最近どう?" 普段よく顔を合わせる相手でも、久方振りに会う相手でも、割合言いがちな曖昧且つ便利なフレーズと思う。 本当に近況を知りたい場合もあるし、単なる声かけのみでも使う場合もある。 特に意味がない場合であっても、コミュニケーションを角を立…